近寄って来た加害者②

結婚してから、加害者と思われる知人も何人かいましたが、情報収集の為なのか分かりませんが…久山にいる時あるスーパーでパートをしてましたが、仲良いグループで旅行の計画までしたのに、いきなり皆冷たくなり、例の工作があり、辞める時は皆元に戻りお別れ会をして花束までくれましたが、もう人間関係がうざく事務員ひとりの仕事が見つかり、新規の支店で、水回りのお掃除も大変でしたが、綺麗にして何ヵ月かして、急に子供を作ろうと言い出し、そこはまだパソコンもなく遠隔操作で仕事の邪魔も出来ないし、悪評も流せいからか、出来たらおろせよと言っていた酷い主人が子供を作ると言い出しました。出産の季節を合わせてと作りたいと言っても無視!結局すぐ出来て原チャリで通ってた私は辞めました。そこで引き継ぎに来て近付いて来た人"山◯"といい、教えても覚えてくれなく、私に近付いて来ただけでした。「福岡に知り合いがいないので友達になって」と…あの頃中学の頃の加害者の永◯宅の近くに住んでおり、頻繁に遊びに来るようになりました。自分でも私の主人と性格が似てると言ってましたが…サイコパスの仲間のようで、一回嫌になり友達を断りましたが、「悪気ないから」と言われて、家がいきなりボロボロになり筑豊町大分に家を買って住んでた時も彼女も引越ししてうちには行きやすい篠栗に住み始めうちへ時々来てましたが、急に電話を借りて、私が2階にいる時1階に行き よく長電話を始めたのが、何か変?と思っており、彼女の旦那は若かりし頃から**Kの大手の上司なのに、帰りに知り合いの所でバイトをして、いつもくたくただと話していました。借金もないし、給料やボーナスは凄く良いのに…働き物やね…位にしか思ってませんでしたが何でも根掘り葉掘り聞く彼女が、旦那が何のバイトをしてるか知らないのもおかしい事で、後から分かりましたが、同じ会社の系列で仕事していたそこの旦那さんも毎日終ってバイトと言ってあり、この地域の悪評流しの中に入っていました。そしてその会社に入社した私の同級生が道にじっと立って見ていた事があり単なる偶然ではなかったようです。
それから志免町にマンションを買替えして、まだ付き合っていましたが、段々嫌な人になって皮肉ばかり言って来て、知り合いはほんとはいて、うちのマンションまで知り合いがいると言ってました。去年の夏から被害が強くなり、加害者の中から彼女の声が聞こえるようになり、今も時々盗聴してる電話の中
に山◯三◯子とゆう声も週末特に入っています。志免町の加害者は殆どが久留米弁で彼女も大牟田から来ていて全く同じような方言と後博多駅で夏場嫌がらせしてたサイコパスが里帰りをしてる時「山口さんが、手伝いしてくれるようになった」などと聞こえるよう話していました。ここまで加害者は手が込んでいます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いちご

Author:いちご
テクノロジーを利用した、残酷な組織的犯罪者達から受けている、被害日記を綴ります…

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ヘルス&ビューティ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード