淡路島5人殺人事件で思う事。。

淡路5人殺害事件 。。

この事件の事を知り唖然とした。。
集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪が、皆様の活動のお陰で前より増して知れ渡っており、治らない色んな身体の症状や、不審死の多さ、モビング行為、リストラ行為、、

など。。続く不幸に気付かれた方も多い…

私もパソコンが幾ら修理しても壊れたり、専門家にセキュリティを頑丈にして頂いても、2週間もすれば、次々にウィルスが入り使えなくなった為に、サイバー警察の電話番号を調べた時に、集団ストーカー犯罪とテクノロジー犯罪の被害者だとやっと分かったので、、(これは主人を含め怪しい人達、嫌がらせや盗聴に気づき調べ出し始めてからなのです)

気持ちの上でも、マイクロ波などを利用した、操りや洗脳、マインドコントロールをセーブ出来るようになり、私の場合は自殺誘導をされている事や主人を含めて母も散々操られて、挑発をよくされますので、気持ちの切り替えをする事を常に考えています、、

多分。。加害者は、操られ利用されたと、私は思う。。

組織的犯罪の加害者は偽善人が非常に多く、地域でも率先して目立つ行為をしているのもいるし、組織でそうするように勧められているらしい…

テクノロジー犯罪をしてる奴らは根っから短期で、戦闘意識も強いのもよく見るし、実際にDVや暴言や脅しも影で受け続けていたが、、

見かけや周りに、仲間には、めちゃ優しいそぶりを見せている…そしてターゲットは悪評流しをしてまで評価を下げる。

私も主人から結婚当初から散々やられ、優しく近付いて来た組織的犯罪者もそうでしたけれど。。

清水由貴子さんの生きてある時の証言もそうだった…

https://m.youtube.com/watch?v=Wo28LIJU5qM

隠蔽され、加害者をよく見せるように加害者が連携し、猿芝居を続けるのは何度も見て来たし、経験しました!

被害者は根っから穏やかな人が多いが、マイクロ波や家族の操作で喧嘩をさせられている…これはテクノロジー犯罪を認識している本当の被害者は、理解されて経験されている…

メールや電話も成りすましがあるのを何度も経験しているし、そんな経験者は沢山おられ、警察は断固として隠したがる経験をしたのは、昨日綴った。

私は主人や知人の組織的犯罪者から、テク犯に加入したり、街宣している人は、精神病だと、初期から言い聞かせて、行動させないように回りに手を回された事もある(♯`∧´)

手が込んでおり、生きてる証拠隠滅もあるけれど、自殺に見せかけたり、自殺に追い込んだり、誘導を止められなく、意識をしっかり持てない人に、事件を起こす誘導しているか?加害者が成りすましをしているか?しか…考えられない!

集団ストーカー犯罪、テクノロジー犯罪の被害者を精神病だと印象付けているのは確かだ。。

必死でBlogをチェックしている加害者側がいるし、荒らしも相変わらずです~

淡路5人殺害事件 - Wikipedia
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%B7%A1%E8%B7%AF5%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E5%AE%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
一部引用開始…

A宅と被害者家族の家はいずれも半径約50メートルの範囲に存在する[7]。Aは自宅で父親と祖母の3人暮らし(両親は離婚[10])だった[8]。ただしAは離れで1人暮らししていた[9]。Aは会員制交流サイトであるFacebookやTwitterなどに本名で登録し、被害者家族やそれ以外の近隣住民を批判する書き込みを繰り返していた。今年になってから近隣住民への批判が増え、1日50件以上書き込むこともあり、事件直前の3月5日にはBの家族の名前や自宅の地図、Eの名前や顔写真を掲載した上で中傷した。Twitterでは前日の3月8日にEの家族の名前を挙げて「人類の敵」などと攻撃的な書き込みの他、自宅地図も投稿していた[8]。他にも勤務先などを書き込んでいた[9]。

書き込みの中には「人類の敵」の他、「(近隣住民や被害者が)工作活動を行なっている」「電磁波兵器で他人の心を破壊工作」等と辻褄の合わない記述もあり、Aの刑事責任能力の有無や程度について調べられている[11]。他にもFacebookの自己紹介欄には「管理ネット代表」と称し好きな言葉は「勧善懲悪」、米軍や日本政府に対する批判も書き連ねている[8][12]。TwitterにはAが書籍を贈りつけた日本共産党からの礼状がアップされているが、同党関係者によると、「書籍を贈ってこられたので礼状をお送りした」という以上の関係がないという[13]。

一部引用終了…

組織的犯罪者は、させてる人分かってやってる人間は、本当に世の中で一番最低な人間であると思う。。

しかし、、被告は気持ちを押さえられないまま、キチガイしか考えられないような事をしている、、許されない行為だ。。

しかし加害者を何人か殺してもこの犯罪は止むことなどない…

そして危ない事に操られないように自分でセーブするしかないと思う。。

だだうちわもめ位でセーブしないと自分も家族も必死で訴えている被害者の足を引っ張る事になるのだから~

被害者は、意識を強く持って欲しいと願う。。

この事件の加害者は、もしかしたら沢山いる偽被害者で、集団ストーカー被害者、電磁波犯罪を訴える人を、誤解させる為に、奴ら得意のトカゲの尻尾とされ利用されたのかもしれない…

組織的犯罪者はありとあらゆる事をするので、、どれが正しいかは分かりませんが~~

理解出来ない人はやはり、加害者をキチガイにしか見ないだろうし、私も知らなきゃ認識してなければ、、

そう思うので、、

複雑な気持ちになった。。

殺した犯人は悪いけれど、、奴らの工作なども理解して貰いたい。。

身体の不調などで、今となりましたが、、本当の被害者もその件で綴られていたので、是非読んで欲しい。。

中には成りすましや操られもいますが、、

集団ストーカー被害者、テクノロジー犯罪被害者は、精神病ではない‼︎

世界でこの犯罪を訴えている人達がいます…

PS~近頃加害者がしつこくthe endや諦めろ‼︎と音声送信などをしているのは、、

こうゆう工作もしているからかもしれない…

敵を刑務所に入れて侵略する…と、、
それもよく仄めかしをされていたから、そう思いました。

この事件の事を綴っていたら隣でぶすぶす文句を言ってる声が隣から響いていましたが、、

いっときすると、例の妙な笑い声をあげていた。。

身体を一気に神経まで弱体化させ、まだこれでもか…とテクノロジー犯罪や集団ストーカー犯罪を続ける、人間の心など周囲の見かけでしか、もたない方々。。

これは妄想でも幻覚でもなく、ガリレオでもやっていましたけれど、実際にそんな犯罪があります。。




スポンサーサイト

コメント

近況について

ネズキンです。
私も淡路島の事件の事を書きましたが、この事件は同じ
集スト被害者という事もあり、身につまされますね。
我々は理性を保ちましょう。
最近会社勤めを再開しましたが、やはり工作のような
被害がありました。その会社には加害者と思われるよう
な人物はいないようなのですが、妙に私をおかしな人に
しようしようとする流れみたいな空気があり、周りの
人間が無意識で操作されて誤解の種を髄所にちりばめて
いるように思います。しかし気にしないようにしなけれ
ばやっていけないので辛抱しかないですね。三年前にいた
会社には工作員と断定できるような人物が一人いて、
リーダー的な人望がある人間でした。いちごさんが書いて
いるように、人にやさしかったり、人に尽くすような人が
実は工作員だったりするので、恐いですね。その人物は
やはり私を会社の中で浮いたような存在にしようと躍起
でした。どこの会社にも一人ぐらいは工作員が潜りこんで
いるのかもしれません。そういった奴らは饒舌で人心を掴む
のが大変うまいようです。

最近のいちごさんのブログを読んでいると本来の被害のほか
に周りの人の行動、言動によって心が傷ついているように見
えて少し心配です。偽善者ばかりがはびこる世界で幸せを
感じるのは無理があるかもしれませんが、少しでもお互い
希望をもって日々を過していきましょう。
またコメントします。

  • 2015-03-19 21:38
  • URL
  • ネズキン #SdMxjkk6
  • Edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015-05-10 20:38
  • #
  • Edit

匿名さんへ。。

匿名さんへこんばんは!

実は復讐やの事をメモを残した後に、、このコメントを頂き。。

よく被害者同士内容のシンクロとかある話もコメントでやり取りさせて頂いた方もいましたが〜〜

びっくりでした。。

本当にこの世の中矛盾だらけであります。。

私も思う事があります。今日は整形や洗濯で(笑)もうすぐ消灯でありますので、参考にさせて頂いて、、

すみませんが、、又その件についてお返事させて貰います。

頭痛も復活して来ましたし〜〜

お返事が遅くなったらごめんなさいm(__)m

しかし、、メモをしていたのをコメントの内容も入れて綴り直したいと思っています。

ありがとうございますm(__)m
  • 2015-05-12 20:33
  • URL
  • いちご #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いちご

Author:いちご
テクノロジーを利用した、残酷な組織的犯罪者達から受けている、被害日記を綴ります…

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ヘルス&ビューティ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード