殺傷兵器の存在を綴られていた^-^)/

【軍事ワールド】人間を“瞬間沸騰”させる中国最新「電磁ビーム」に高まる警戒…海洋進出、デモ鎮圧、“恐怖政治”に利用か - 産経WEST

http://www.sankei.com/smp/west/news/141224/wst1412240003-s.html

 中国が人間を“瞬間沸騰”させるという最新兵器を開発した。強力な電磁波を人体に浴びせ、熱さや傷みを感じさせる「非致死性」の兵器で、海洋進出を強行する東シナ海・南シナ海や国内で頻発するデモ対策での使用を視野に入れているとされる。何だかB級SF映画に出てくる武器のようで、威力や実効性もよく分かっていないが、米国ですでに同種の兵器が開発されていることもあり、「中国では恐怖政治の道具にされるのでは」と警戒する見方も広がっている。(岡田敏彦)

人間を電子レンジに…

 チャイナ・ポリー・グループ(中国保利集団)が開発した「WB-1」という兵器で、先月11~16日に中国で開催された珠海(ズンハイ)エアショーで公開された。

 国際軍事専門誌を発行する英国の軍事コンサルタント会社、IHSジェーンズなどによると、WB-1は強力なミリ波のビーム(電磁波)を発し、人体の水分を沸騰させる。ビームを当てられた人は電子レンジに入れられたような状態となり、耐え難い熱さを感じるという。ビームが届く有効距離は80メートルだが、電源などを強化すれば1キロにまで伸びるという。

 SF映画も真っ青だが、米軍もすでに同種の兵器を開発しているというから、決して“空想の産物”ではない。

米国が最先端

 米軍のものは、人道的な「非殺傷兵器」(ノン・リーサル・ウエポン)に分類される「アクティブ・ディナイアル・システム(ADS)」という対人兵器システムだ。米CBSニュース(電子版)では、「この兵器は銃器の形ではなく、皿形のアンテナの形をしている」「オペレーターは(ゲーム機を操作するような)ジョイスティックで狙いを定める」などと紹介。ビームを当てられると火傷(やけど)を負ったような錯覚に陥り、有効距離は少なくとも450メートルとされる。

 2007年に初めて存在が公表された。米空軍研究所によると、ビームを浴びると瞬時に熱さを感じ、その後は炎の中にいるように感じるが、ビームの範囲外に出ると何の痛みも感じず、後遺症もないという。

死なないものの

 またAFP(電子版)は「けがを負わせるか、極度の不快感を与えるだけかの違いは、その周波数にある」と解説。「電子レンジのマイクロ波は深く浸透するが、ADSの95ギガヘルツの電磁波は皮膚の表面から0・4ミリ程度しか到達しない」として、「電子レンジの100倍の威力を持つADSでも、ポップコーンを作ることはできない」としている。

 実際に米国でボランティアが被験者として参加し、実験した際の画像も公開されているが、問題は実験時に主催者から被験者に対し「(熱が局所的に集中する)ホットスポットを引き起こす可能性がある」としてメガネやコンタクトレンズ、金属物を外すよう安全予防措置が取られた点だ。つまりこうした金属物などを身につけている場合は、無傷では済まないとみられる。

 また画像ではビームが発射された瞬間、被験者は火傷をした猫のように飛び退いて逃げている。こんなビームが長時間発射され続けても「非殺傷」であり得るのか、こんな激痛に人は長時間耐えられるのか。疑問がわく。

対艦戦には無意味

 ポリー・グループによると、この兵器は海洋向けで、「非致死性兵器」として東シナ海や南シナ海での「海洋問題」に対処するために開発したという。兵器を艦船に搭載して使用するというのだが、それだと実際には“不合理”な面もある。

 敵艦船に用いる場合、いくら非殺傷とはいえ攻撃すれば、当たり前だが実弾で反撃を受けることになる。「死なないからいいよね」という言い訳は通用しない。

 そもそも現代の海戦はお互いを目視できない遠距離、つまり水平線の向こうの約50~200キロ先にいる「肉眼で見えない敵」を殲滅(せんめつ)するのがセオリーだ。航空機や陸上からの発射を含む多数の対鑑ミサイルを総動員し、あらゆる方向、角度からの同時着弾を企図し、敵の防御力を飽和させる「飽和攻撃」を行う。

 一方の電波兵器はレーザー兵器やレールガン同様、直進性しかないため、水平線下の目標には無力。艦対艦戦闘には不向きだ。まして「WB-1」の射程わずか1キロでは、対艦戦闘に使おうと考えること自体に無理がある。

南沙諸島での使用を視野?

 ポリー・グループがいう「海での使用」や「東シナ海や南シナ海での使用」は(無人の尖閣諸島ではなく)有人の島を視野に入れていると見るのが妥当だ。

 中国とフィリピンが互いに領有権を主張する南沙諸島。現在はフィリピンが一部を実効支配しているが、そのフィリピン軍の拠点のひとつは、1999年にアユギン礁に座礁させた中古の揚陸艦「シエラマドレ号」だ。艦はサビだらけを通り越して崩壊間近といった状態だが、この中でフィリピン軍の海兵隊員約10人が数週間交代のローテーションで立てこもっている。

 南沙・西沙諸島には、中国以外の国が警備隊を常駐させている島々があり、こうした警備隊への“嫌がらせ”には、WB-1はうってつけの性能を持っている。

 さらに適していると言われるのが暴動鎮圧だ。



 しかしWB-1があれば、流血の暴動も、第二のタンクマンも存在し得ない。血まみれの凄惨な現場を世界に見られることなく、人民を苦痛で支配することが可能だ。

 WB-1は、「殺さないから人道的」という理屈を通じなくする武器ともなりそうだ。IHSジェーンズは「クラウド・コントロール・ウエポン」(群衆を操る兵器)という表現で喝破しているが…。

いちぶの引用終了…

*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:..。。o○☆*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:..

昼食を取りながら被害者さんのブログを訪問させて頂いてたら、、

去年の12月ですが、産経のニュースに取り上げられていたのを知り、勝手に引用させてもらいました…

そして、大変な中に、沢山の周知活動を有難う御座いますm(__)m

日本も気づかれていないだけで、こんな兵器が悪用されている(−_−;)

今日母は昼前にはって起きて来て、ストマの中のものを出す事と、やっと仏様の水を替えたりし、ご飯を食べるだけの状態で、、

昨日もどうかなりよると、入院の準備をしていた…

私も異様な疲労と彼方此方の痛みは相変わらずだ。。

真夜中に昨日綴られていない反対側のお隣の加害者宅が『はい分かりました…』と携帯で指示を受けていたが、早良区在住の時も報告電話や命令を聞いている加害者は、よく見かけた…

覗き見しながら、組織的犯罪の、夜勤のようで、やはり昼過ぎにパジャマを来て起きられ、干物をされているのを、こちらが布団を入れる時に偶然見たので、ただ声を送信されただけではない!

しつこい付きまといなどもやられている。。

色んな場所に侵食させている為に、加害者を精神病に仕立て上げるよう、著名な加害者や病院の先生なども動いているし、いきなり変わられたり、圧力をかけられてしている組織的犯罪者にも気付いているが~~

下っ端の加害者達も他人事でもないし、偉そうにしながら、兵器を使ったり、集団ストーカー行為をし、不幸にしたり、動けないようにしたり、病気にしたり、思考を盗んで、喜んでる場合じゃない‼︎

超音波の色んな音の激しい合奏で、本当の耳鳴りまでしてくるし、血液が流れにくくもしているのを感じる…

肩こりもかなり酷い(♯`∧´)

食べ物や磁石や軽いストレッチやお灸やサプリなどでも血流が良くなるものを使用してもいるけど、、

被害者は毎日毎日、何かとスムーズに生活が出来ないようにされている。。

加害者は声もでかいし、年寄りも元気100倍って感じだ!

中には身障者や偽病やバツイチにわざとなり、手当ても貰って生活している組織的犯罪者も知っている…

家族で組織的犯罪だけをし、先祖からのら財産もないのに、家など購入し、子供はずーっと私立に行かせ外車を乗り回して、付きまといをしている不思議な家庭も多い。。

今日『ブログを止めたら被害がゆるくなる』

から『ブログを止めて』と言って来た可哀想と言ってくれた加害者がいた。。

加害者側には善人ぶって近付いて来た人もいるので、何方側かは判断が出来ませんが~~

組織的犯罪を知らない時からめちゃくちゃされ、引っ越し当初から隣から覗かれたり、変な出入りも多く、おかしな事もあり、病気も女3人てんこ盛りだったし、、

加害者を公表しないと尚更堂々と加害行為をしていたし、主人はブログを綴り、理解者も出来てから控えめになったし、暴力、暴言も控えるようになったので、このBlogは、正当防衛でもあるのです!

止めさせようと、逆切れして暴露されたら、ずるいテクノロジー犯罪を強めているのも知っているし、見守って下さる方が近くにいて下さると、攻撃で分かるようにもなった。。

意識が完璧にやられていない加害者に属している人、、

いくら検索しても出て来ませんが、最近親子と行き場のない他人何人かで暮らして、周りは家族と思わせ、、

暴力で操っていた親子で、ひとり警察に逃げ出した被害者がいたそうだけれど、加害者家庭とよく似ていた。。

逃げ出したら捕まえて殺す!

言う事を聞かないから殴った!

みたいな事も言われていたみたいだが、、どう見ても加害組織のグループに似ている…

そんなんで怖くて逃げ出せない人もいると思うが、なんとか脱出出来た側に行ける事を願う。。

一時親切にして、利用するのだ。。

*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:..。。o○☆*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*:.

幸せの連鎖が出来る側に回って欲しいと心から思う…

そんなこんなで今日も明日も、こんな被害の中、根っからの加害者以外の皆様に、小さな幸せが沢山見つけられますように(^。^)‼︎



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

いちご

Author:いちご
テクノロジーを利用した、残酷な組織的犯罪者達から受けている、被害日記を綴ります…

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ヘルス&ビューティ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード