毎日毎日被害の激化。。でも癒しはしてます^_^

テクノロジー犯罪が強過ぎて、、

被害が強過ぎて主人が夜勤ですが、携帯を持つのも辛いので、超短縮被害日記になります。

昨夜主人は、夜勤明けなのに23時に帰宅でしたが~

22時半頃、追い出し行為をされていた時にはよくされていた事。。

玄関を強く叩いて逃げて行ったり、玄関にあるガスメーターなどがある扉を明けて真夜中に閉めたりし。。

中にも怪しい器械がいきなり付いている場所を勢いよく閉めたか?叩いか?

私は主人が帰って来たと思っていると違った…遅かったけど、昔すぐ見に行くといつも付きまといをし、893など一緒にいたり、主人に自分の変なポーズで裸体の写真などを送っている女であり。。

しかも大阪の叔母の玄関まで同じ事をしていましたが…

またやっていました。。嫌がらせをして脅かし、家にいるのが辛いテクノロジー犯罪をして追い出し行為をし。。

今日ヤンキーみたいな女性と目つきが変な男性が配っていたましたがー

このマンションを買いたい人がいるので、売りませんか?みたいな手紙が入っていたァ~

偶然かなぁ~このパターンはずっと続いている…

分譲なのに加害者以外は非常に酷い病人は出るは、引越しも激しい。。

今日も身体と頭が何処もかしこも痛い(ーー;)

電磁波測定器は定期的にメーターが上がり窓際と隣などから反応が出ており測りだすと一旦しずめたり。。

よく載せてる照射してる家も毎日やっている。

今日とうとう確認に行けたが、アパートみたいな一軒家でした~

ウォーキングに出る時間が少しあり、頭がたまらないので、外に出ると。。

門番が 『馬鹿か、、』などと音声送信して来たが、外でも頭をずっとやられていたし、家に帰れば強いテクノロジー犯罪をしているので、運動しても無駄だと、言っているようだったが…いらんお世話。。

お腹が太る薬品もやられているのも分かるが、退院して2Kg減らしたァ~^_^

体重は普通に戻ったのですが、妙な場所に脂肪が付いてしまうので。。

そしてあさっては又検査だしぃ。。

酷い空気の中カービーダンスも休めずやれた‼︎

加害者はよく飲み私の倍以上食べてて、運動もしてないし、体型も気にしてない方を何人か知っていますが、、

血液検査などにひっかからないのは、やはり加害者だからなのだろうかー⁇

人の悪口や嫌がらせ、妨害、テクノロジー犯罪をする暇があるのなら、覚醒されたらどうでしょうか??

と思ってしまう毎日ですが~

負の連鎖が来ないように、、

奴らみたいにならないように、しなきゃ。。

そんなこんなでテクノロジー犯罪をやってる奴らも身体に悪いようですが~

おかしな事、色んな矛盾に気付いてくれる方も増えますように。。

では皆で踏ん張りましょう‼︎



スポンサーサイト

組織的犯罪者の嫉妬心や激しい攻撃…

又急ぎで綴ってます(~_~;)

線繊筋痛症や鬱病と名を付けて、病気にし、もう椎間板ヘルニアと言われ、線繊筋痛症などにも処方される、リリカも、処方されていましたが。。テクノロジー犯罪でやられてるので、強い痛み止めを合わせて飲んだ所で、効きませんでした~

進む邪魔や被害者とのやり取りなどの邪魔をしたいのでしょう。。

影で組織的犯罪者は儲かりながら人口削減や人体実験をも繰り返し…

被害者を悪人呼ばわりして、下っ端にテクノロジー犯罪や嫌がらせをさせたり、自らやっている家系もある。。

こちらは家系で被害にあっているけれど、私だけでなく、日本だけでも沢山います(>_<)

線繊筋痛症
http://1717178.blog19.fc2.com/blog-entry-587.html


全身電子レンジの中にいるような状態で、頭もたまらない(ーー;)皮膚の色も変だし、、今日はあらかじめすぐ夕食が出来るように昨日していたので。。

いきなりウォーキング&買い物へと脱出出来ましたが~

その時だけ気分が良く吐き気や頭痛もなかったので、快適でしたが…

戻れば目も開けにくいし頭も焼かれている攻撃も激化し、顔の皮膚まで痛い( *`ω´)

そしてお暇な知人の組織的犯罪者から嫌味な絵文字を使いメールが来る。。

必ず自分が私の様子を聞いといて返事しても帰って来ないし、無職になったと聞いたので、馬鹿な私は加害者でも同情して、励ましメールをしたが、返事もないし…

以前ブログにも綴ったけれど、羽田空港で、東京の友達に『役に立たない奴は…どうのこうの』と、加害者がよくいう台詞で奴隷のように言っていたが~

利用されては文句ばかり付け、寒い中でも待ち合わせをすれば何時間も待たせたりして、謝りもしないし、急いで来てる訳でもない…

私はその事を責めた事もないし、組織的犯罪の加害者と分かる前は、人に言った事もなかった~

よく挨拶の後に可愛い動物の絵文字ならまだしも、、キツネの絵文字を何度も使用して来出したので、本人が嘘つきだから仄めかしで使っているのか?

と思っていたが、私をどうも女狐と言いたいの??と感ずいた‼︎

ちなみに私は加害者の男女から騙されっぱなしで、結局家を騙されて主人の名義にした為に、収入や母の事、生きてたら年金の事もあり、、

戻って一緒に住んでいるけれど…

騙され続けたのは組織的犯罪の被害者の方‼︎

色々工作しては、悪人に仕立て上げるし、女性の組織的犯罪者は異様に相手に関係ない人でも嫉妬心が強くて、子供の頃からえらい目にあっていた事は、担任の先生もよく言ってあったが~

もうすぐ又病院で血液検査があり、結局悪かったら薬治療をすると言われて、ストレスがたまると、食後関係なく血糖値が上がってしまう私だったので、、、

挑発して来たようだし、よく『主婦は暇だ』とか周りのいちぶの暇な主婦と一緒にしてくれたりしていましたが~

覗き見しているので、、嫉妬したり挑発して来た事が分かり、気付くと笑ってしまいました。。

さあウォーキングに出ようとすればメールが来て、まだ買ってすぐで2回しか付けてないハードレンズを又々片方盗まれていました(>_<)

これは一回でなく、沢山泥棒もされ現に組織的犯罪者の中には万引きなどもしてた方がいたので~

奴らの中には手ぐせが悪いのもいる事を言ってると~

加害者の、子供に謝れ~と叫ばせていまた…得意の棚上げ逆切れです~

出費もかさまれ仕事にも行けないようにされて、進む邪魔をしてくる組織的犯罪者‼︎

奴らと関わると負の連鎖が起こるから本当は決別したいが、、、

うまく工作されてしまい、組織的犯罪をしてない人のつながりを離そうと工作したり、連絡出来ないようにしてくるし。。

言われてるままでは、馬鹿にされますので~

組織的犯罪者のほんの一部な性格を綴りました。

人が良い気分になる事を嫌う奴ら…

文句ばかり付けてる暇があれば、、
組織的犯罪者はよく異様な位に、集まりや飲み会をされてるようで、相手を見つけてある方も多いのに~

人をいじめる暇があれば、どうぞ良い相手を見つけてはどうでしょう。。

あなたは、ずっと大好きな方の歌を聴いて来て何も気づかないのかな~⁇

加害者は被害者側みたいに邪魔する側で邪魔されないのでは⁇

私は人の事は言えるような人間でないと思いますが、嫉妬心で意地悪したり組織的犯罪者にはならないので、言ってます。。

被害者はそんな方々が周りに多いのも単なる偶然ではないと思います…

愚痴りましたが、精神も身体も滅茶苦茶にしようとしている、連携した大きな組織に~

被害者は皆負けずに毎日毎日をいきましょう(^ ^)


PS〜今日113もアクセスされた方がいましたが。。加害者なのか??主人は帰りが遅くなり、身体攻撃は酷いままです(*`へ´*)

何かあろうとすれば、被害異様に激化!

また近所に組織的犯罪者が集まり、幹部か?えらい人を見送っていた様子で、怪しいからシーンとしてるといきなりアドバイスをしていた爺さんみたいな声がいっとき黙り込んでいた。。

監視、覗き見をしていないとこんなタイミングはないし、怪しく思ったら必ず組織的犯罪者な事が多い。。

とにかくテクノロジー犯罪の被害が近頃ずっと強烈で、昨日は卵みたいな匂いを含めて毒物攻撃が天井裏から酷く、何度も鼻や口をすすぎにいったかわからない。ベランダに出ればそこにも独特な匂いのガスをまいてるし。。

息苦しくなり、気管支も痛くなるもので、目鼻口の中からしみる毒物で、一気に胃腸が悪くなる毒物です。。

主人は夜勤が中止になり、夕方から同じ部屋にいたけれど、寝がけは、嬉しそうに、鼻口を洗い気持ち悪そうにしてるのを見ながら寝室に行っていた‼︎

今日は夜勤でいなくて、ブログの文面のおかしな所、訪問者が多い所を少々訂正していると、何度も邪魔され、今となってしまいました。

攻撃を受けてる痛い手は両方真っ赤になり、身体は血流がおかしくなった色になり、音波も強烈で変なモーター音も聞こえて来る。。

隣や天井裏も通路も加害行為をしている音が、爺や門番や女達の超わざとらしい咳や苦しむのを見て笑も聞こえ、身体攻撃を激化し、、

楽になってる痛みも痛くなるし、こわばる!!

全身痛くされ、ビリビリ来ているが、神経の病気でもない!テクノロジー犯罪で一時的に痛くされている。

本当にやられる時もあるし。。

とにかくテクノロジー犯罪が酷くて内臓も爆発しそう。。

気晴らしして寝ますが、ベットの上も最悪で、頭はしっかり冷やしてます。。

目も色々な攻撃を受けてどんどん見えにくくなる(~_~;)

正当防衛で綴っていますが~

加害者は負の連鎖を呼ばないで下さい>_<

きっとブーメラン返しが来ますから。。トカゲのしっぽさん達。。

そして、組織的犯罪者以外は良い事が近付きますように。。

進めますように。。

拡散希望‼︎

お待たせしました。第2回 テクノ
ロジー犯罪周知・法制化を要求するデモの開催が正式に決定しました。

http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-90.html?sp

アメリカ被害者団体FFCHS様方が本年も応援をしてくださっております。
http://www.mynewsletterbuilder.com/email/newsletter/1412034943

Peaceful Protest in Tokyo, Japam
Monday, May 5, 2014
Meeting Time: 13:30 Starting Time: 14:00 (time may be changed)
Meeting Place: North plaza of Miyashita park, Shibuya, Tokyo
Route; From Shibuya to Harajuku (we have pre-examined the route)
More detailed information of the protest can be also found on below URL.(Japanese only) http://acpnihon.blog.fc2.com/blog-entry-90.html



他の団体様、海外被害者様方からもご支援をいただいている「日本にとって重要なデモ」です。


★ 第2回 テクノロジー犯罪周知・法制化を要求するデモ(主題/テーマ)

 主催 テクノロジー犯罪被害者有志一同・ACP

 企画 ACP

 期日 2014年 5月5日(月)子供の日

 集合場所 渋谷区・みやしたこうえん

 集合時間 13:30

 出発時間 14:00

 * 雨天の場合 当日の空模様を見て判断します。

★注意事項

 参加者は盗撮等に備えて帽子 サングラス・マスク等で自衛をお願いします。(原則として1点)

 参加される方はデモ中はこまめに水分補給をお願いします。

 今後も必要に応じて注意事項を追加させて頂きますので随時ご確認宜しくお願いします。




デモとは国民の表現の自由、言論の自由を現した示威行動であります。

「ある単語を出さないとならない」「ある単語を出してはならない」
このどちらとも“言論、表現の自由を侵害し、強制強要すること”となり、民主的に健全なデモとはならないとACPでは考えています。

ACP企画のデモも、同じく「表現の自由、言論の自由」を侵害することのなく、遵守した民主的に行う健全なデモです。

本年の副題は「主題」を軸として強制強要することなく「各コーラー様方の副題=訴えたい想い(自分が一番訴えたい事)、組織犯罪撲滅に最善最適な想いや訴え」を尊重した内容となります。
それにより幅広い層の琴線に触れれば、周知効果もシナジー効果的に波及伝搬すると存じております。

今も多くの日本人が加害を知らずに苦しみ殺されています。
一刻も早い有効な周知方法を今後も模索していきます。

ご支援ご参加宜しくお願い致します


 ★人口削減計画プログラムはACPの永遠のテーマ

 昨年の副題として掲げた「人口削減プログラム」ですが今年も継続しているACPの永遠のテーマです。一般に広く認知されるまでどれだけ長い歳月が掛かるか分かりませんがACPでは訴え続けていきます。興味を持たれた方は下記のサイトをご覧ください。

 ベガのブログ http://ameblo.jp/vega521/


☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆

今年も組織的犯罪のデモが行われます(^O^)/

主人を含めて、しっかり監視されている為に、被害活動で福岡もですが、、

東京まで行けませんが。。

感謝と応援をしております。

出して行けない単語などがないそうで。。被害の真実を訴えられる健全なデモなので、支障がない方は、、、

不自然死などを気になる方なども。。

組織的犯罪者以外は皆他人事ではありませんので、是非参加されたら…

と思います‼︎

皆さんお身体を大切にされ、工作員に気を付けられて、頑張って下さいm(._.)m




コメントの返事です!

主人が夜勤明けに残業とゆう事で、電話が入ってる時気付かず、一時間後電話したら出ないで、次すれば例のシーンとしているに、(こんな時は仕事をしてません)

そしてかなり強い電磁波系と音波攻撃であり、昨夜も測定器で測るとあり得ない場所とお隣からメーターが上がっていました。

皮膚も頭皮も引きちぎられそうに痛いし、思考能力も落ち、指や腕も自由に動かしにくくもなり、シャワーをしている時や蒸気を当ててる時は少し楽になり~

上がるとみるみるうちに肩や首を含めて痛みが強くなり、頭や腕や足もびりびり痛い(ーー;)気圧もかなり変わり、キッチンや隣に近付くと脳なりもして、更にふらつく…

ウォーキングし、買い物をして戻るとエレベーターが1番上まで上がり、下りて来たけど誰も乗っておらず~

うちの館ではない子供の同級生のお母さんだが、、会っても馬鹿にしたような対応をしたり挨拶しても無視に近い。。

組織的犯罪者はそんな奴らも多く、タイミングよくいるのが、絶対おかしい。。

私が玄関を出ろうとすれば、走って逃げたりしているし、うちの通路側の窓から
タバコ臭く玄関を開けるとさっきまでうちの前で吸っていた臭いがしたり~

これは7年位前からです…

そんなこんなで家事だけで精一杯であり、外に出ると頭がすーっとした‼︎

遠回りし、色んな花がさいているのを見ながら遠回り。。小さな癒しでありました^ ^

コメントのお返事を急いでますので、メモを頂いた順に貼り付けします。
ここから失礼します。

Fcuoka soul さんへ…
お久しぶりです!KAKAさんですよね?

有難う御座いますm(__)m一週間位で帰れるつもりが、やっと帰って来れました…

しかし一日中酷い攻撃で家に入ると頭痛や頭頂部の激しい攻撃や血流が悪くなっているのが身体で分かり、、

簡単な書類書きまで間違うようにされてます(ー ー;)

本当に色んな場所から不正出血や胃腸の激痛が何年もやられていますが、母と共に虚血性腸炎や腸閉塞などで、やられてしまってますが。。

昔は点滴だけして帰宅したりしていました~

本当脳の時もですが、癌を疑う攻撃は多いですね!

血糖値が上がる匂いが尿から出る甘い薬品にも気付いています。。

組織的犯罪の被害者は次から次に何かありますが、病院にももっと酷い方が沢山おられました。。

いつも聞かれる方の件ですが、組織的犯罪の本当の被害者は気持ち的には小さな幸せを見つけたりは出来ますが、、

簡単に被害がなくなるとゆう事は難しいと思います。

仕事は何しようとしても妨害がありますからね(ーー;)

国民皆が理解し、組織的犯罪の法規制も出来、マインドコントロールなども問題になった上で、組織的犯罪者以外が普通に生活出来るようになれば、幸せなんですけどね。。

こんな過酷な世の中ですので、自然を見たり、たわいもない小さな幸せを感じる事も大切だと、分かるようになったので、加害者以外は幸せな気持ちに少しでもなってもらいたいです!

毎日お互い大変ですが、めげずに踏ん張りましょう(^O^)/



あんずさんへ…

あんずさんこんばんは★

いつも大変な中にコメントして頂き有難う御座いますm(__)m

やはり虚血性腸炎でした。。いつもながら胃はポリープ沢山と、腸は、寝ての検査を頼みましたら、了解して頂いたので、赤くなってる画像を見て寝てしまいました…(笑)

大腸だけの検査の時に今回は憩室が死ぬほど出来ていましたが…

憩室って肉食が多い人が出来ると聞いてます。しかし魚、肉交互に野菜も沢山取っているし、福岡市早良区昭代3丁目に在住の間にいっきに出来るのっておかしいですよね。。

母はそれが爆発したそうだしで~

絶対両方テクノロジー犯罪でやられたのは間違いないです!

結婚してから、胃腸からよく出血してましたし、激痛も絶えません…

被害者は胃腸も悪い方は多いですね…

帰れば頭中心に激しい攻撃が続き、住所などを書くのも間違うほどですので、私も上手く綴れませんから~

そんなことは気にしないで下さい。。

あんずさんも酷くやられながら戦ってあるのは、ブログで十分伝わりますので。。

お互いにめげずに、それぞれの夢を見ながら踏ん張りましょうね*\(^o^)/*

私も上手く言えませんが。。

応援してます‼︎

がんばろーう(^_−)−☆





帰って来ました‼︎



『ピンクが良いでしょう?』と言われ⁇


薔薇を一輪頂き昨日帰宅しました~

15日間も入院して家を空けていましたので、、、

帰宅してからバタバタしていたら、娘が帰って来ましたから、主人が夜勤だったので、久々話を沢山したりして、、、

母とふたりになると、更に凄まじい電磁波系の攻撃と、お隣から変なモーター音も聞こえ、別な超音波も酷く、、

胃腸の痛みが又酷くなって、お腹が爆発しそうな空気で、気圧も寝室やリビングはかなり変えられているのが、部屋移動して分かり、キッチンにたてば脳なりを音波で激しくやられて倒れそうになりたした…

入院中も母はフラフラして転けて、便も黒くなったそうで、又パニックってしまい、私も入院すると言い出したり、入院の用意をして、予約の日に来たりしていました。
(同じ病院ですので、、)

攻撃が酷くて寝れないのや痛みを必死で堪えて、読みたいのが届いていましたので、必死で読んで、見て、気持ちを紛らわしており~0時過ぎてしまった為に…

家のしたい事が全部出来なかったので。。

まだ身体攻撃も激化ですし、思うようにいきませんので、、

コメントやメールのお返事は、徐々に出来る時にさせて貰いますので、ご了承下さいm(__)m

今日も一日組織的犯罪者以外に小さな幸せが沢山ありますように。。



明日帰れます^_^

昨夜から殆ど寝ずにトイレに駆け込み、次の日吐き気が来る2ℓの下剤も飲んで、早くにオッケーになり~

先生が強めの麻酔を頼んでくれたので、痛くない腸検査も終わりました(^O^)

ぼーっとしていたので、結果は聞いてませんが、夕食が出たので安心して、目覚めたら退院の用意と洗濯をして!元気‼︎
元気です(^-^)/

帰ったらやることが沢山待ってるのと母がいるので、、、

ブログの更新もすぐに出来ないと思いますので、綴りました。

被害者さんが教えて頂いたように、虚血性腸炎を起こした疑いで入院しましたが、多分そうだと思います^_−☆

血液の検査をした結果又々検査で長くなりましたし、もう何日か?と言われましたが~

普段でも食事をストックしておかないといけない母なので、、、

早く帰らないと。。病院もいやだしですね(笑)

明日朝色んな検査の結果を言われるそうで…

嬉しい‼︎病院にいると色々な病気の方がいますので、そんな事を言っている私は恥ずかしいのでありますが~

入院はやっぱり嫌ですね(^^;;

今日下剤を必死で飲み、後半おえおえモードに入っていると…

挨拶しても無視しているし、元気そうなおやじがふたり

(私の部屋の前で必ず咳払いする奴が何人かいますし、目つきが悪くせきたんも激しいひとりは、人にむかい咳をしたり、出てきたり)

そんなおやじ達が、考えや行動がパソコンで監視出来る話をしていました。

私が来たら変な目で見る親父は『悪い事は出来んな~うちは息子がパソコンで見てるから、何を考えてるかも分かるからなー』と言っており…

思考盗聴を含めた監視の事を言っていますが、被害者をマインドコントロールしたり工作や嘘で、脅しや攻撃のネタを作っている。それを知らずにやっている組織的犯罪者もいますが、、

あのおやじ達は違う、怪しい方々が病院に入り混んでもいるし、履いて来た靴を影に揃えていても、何度か変におかれたりもあったし。。

被害者は何処に行っても長くいれば、加害者の連携が凄いので、やられてしまう‼︎

そんなこんなでも母が出かけたくないようになっているのも事実だし。。

組織的犯罪者は加害行為を色々難癖付けては、悪いからそんな目にあうと言ってきていた(-。-;

組織的犯罪者は犯罪まで隠滅してもらう人もいるのにおかしな、大変矛盾している話だ‼︎

でも明日から又頑張らなきゃぁーv(^_^v)

心配して頂いた方やお世話をかけた方や部屋の人も恵まれていた事にも、、

感謝します‼︎





簡単日記とコメントのお返事…

今日は土曜日で検査もなく、病院で洗濯したりストレッチしたり、このブログのコメントのお知らせなどが届かないし、Amebaのいいねなどが出来ない状態で、携帯を見て何が原因か調べて、メールが受け取れるように、セキュリティを弱にしても。。

Amebaはやっと届きパスワードを変更出来たのですが、やはりブログをやっている所は無理でした( ̄O ̄;)

そして違う人のアドレスで何度もメールが届いていますが、その中のアドレスを偶然目にすると主人の名前にLOVEを付けた受信側のアドレスがあり(笑)

加害者の仕業だと分かりました〜

こんな事って警察か携帯会社の人しか出来ないのでは⁇

メールが届いていなかったり、受信しなかったメールもありますし、、

通話だってそうです。。

家電まで、組織的犯罪の話をしていると途中で切れた事もありましたし、かけてないのに電話がかかることも何回もありました…(-。-;

それを電話を変わってまで必死に否定する公安の方もいましたが、、

カルト宗教の信者かもしれません。。

貼り付けたいものがありましたが、見事に消されてしまいましたので。。

何処にでもいるカルト信者の証拠隠滅は、検索されたら沢山出ると思います…

もうすぐ腸検査の下剤が始まりますので(苦笑)この辺で終わりますが、毎日鋭い攻撃で、攻撃が酷い場所は、白髪染めのヘナがいっきに取れてしまい、顔はプツプツさされた後があります(-。-;

しかし部屋の皆さんが退院され、今日はひとりになり、、、

お話しないので、たっぷり音楽を聴きながら癒しを見ようと思います!

今晩は1番感じの良い看護師さんで良かったァ〜明日は少し家に外出出来そうだし。。

そして病院にも沢山感謝する方もいますし、被害者のあたたかさも感じ、、大切な人を強く思い、、、

今日も感謝し、力を頂いています。

そして今日は超久々に暇がありました…(笑)

母が壊され、酷かったので、気持ちの休息をもらった気もしています。

そして、昼間から合間、合間に綴ったお返事を貼り付けします。。

☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆o。:・;;.。:*・☆


拍手のコメントにお返事下さった方へ…

ドマさんいつも有難う御座いますm(_ _)m

沢山コメントを頂き又又省略ではありますが、、、

放射線の撮り直しなんて、あり得ないですよね(>_<)

歯医者では沢山抜かなくて良い歯を抜いては何年も痛み続けて通うはめになっていましたよ…

色々な事で組織的犯罪を早くに分かっていれば。。

と思ってしまう事が山程あります…

話の流れや組織的犯罪者の悪事を広める為に、話したり日記に綴りはしますが、、、愚痴ると負の連鎖が起こる事も気づかせて頂いたので〜

まだまだ酷い病気で辛い思いを沢山されている方々もいますから、組織的犯罪の広報は別として…

前向きに生きなゃいけないですね。。

病院から桜が見えるのですが、入院中桜が散ってしまい、花見はできませんでしたが、今度は薔薇を待ってようと思います(^o^)

嫌な嫌な腸検査が待っていますが(笑)

退院したら母の件を含めて忙しくなるので、又気合いを入れて退院を待ってますo(^_-)O

被害者の皆さんも、ドマさんも。。
光が沢山見えて来ますように…!!


匿名さんへ…

わざわざお返事を有難う御座いますm(__)m

そうですね。。色んな薬品を撒いて来ますので、区別が大変ですし、全然分からないのもありますが〜

超過敏症にされてしまったので、送信でない、匂いや、散布後の症状でそうではないかと思っていました。

毒物、薬品の症状などを詳しく載せてたサイトがありましたが〜

載せていっときすると消えていましたし、、、

消されたりもし、やけに薬品などの毒物の被害を否定される工作員もいますし、現に後が沢山付着しているし、ちゃんと目鼻から入りじわじわ浸透して症状も出ています。

鎮痛剤なども磁性体が含まれているとゆうサイトも過去はありましたが。。

私が久々検索すると見事に消えており、薬品やケムトレイルなどを否定する工作員サイトも見つけました。

わざわざそんな事を綴る方がおかしいと思うのですけどね(笑)

磁性体と発癌性がある毒物は必ず散布されている症状であります。。
(電磁波系などの攻撃と違う痛みですが、認識して、過敏症の方しか分からない事だと思います)

そして家宅侵入を組織的犯罪者=集団ストーカー=コインテルプロがして、泥棒や頭がおかしくなったと思わせる工作、ガスライディング、盗んで戻したり、場所を変えたり、毒物混入など色々した上に。。

エアコンなどを付け食事し、シャワーをしていたりも何度も経験してますが、、、

その時にシンナーをしたり、ドラッグ売買もやっていた気配が何度もありましたが、加害者がやってこぼしていった事や過去には血が飛日散っていた事もあり、白い小麦粉みたいなのを普段掃除などしないのに、主人が急いで起きてすぐ気付いて拭いてましたので、大変怪しく思っています。。

通路からはタバコだけでなく妙な匂いのもふかして来てましたし。。

組織的犯罪者は売買もよくお聞きしますが、打たれたり、みずからやっている人も、よく伺いますしね〜

ありとあらゆるものを利用しているのは確かであります。

証拠がない。。は奴らの口癖であり、被害者家族に操作で、言わせたりします。

そして証拠も盗みもしますので、被害者の皆さんはその手に乗らないようにして貰いたいと思います。

色々ありますが、病院なのでこの辺にしておきます。

では、お互い色々な組織的犯罪に負けないように頑張り、、自分の出来る広報をしましょう!




マイクロチップでのマインドコントロール‼︎

テクノロジーを考える。。

http://blog.livedoor.jp/yokokawag/archives/22053100.html


奴隷:肉体から精神、心、神経生物学的領域へ

“Slavery has developed a new face, and bondage has transcended the physical to
psychical and mental and is becoming neurobiological, through hi-tech expansion right
in to the human brain with microchips.”
「奴隷は新しい様相を発達させた。束縛は肉体以外に精神と心にまで及び、神経生物学的な領域に進出している、人間の脳に直にマイクロチップを埋め込むハイテクの進化を通じて。」

For the hundreds of millennia that man has roamed the earth, he has killed, enslaved
and even eaten his fellow man. Groups of individuals have banded together and
developed a higher degree of power from where they have been able to force themselves
upon others and deny them human respect. Since the foundation of the organized
society, different breeds of dictators have built their truths on law and order, enabling
them to suppress their subjects’ demands and opinions. Insurgent individuals have been
thrown in chains, put behind bars, locked up in cellars, declared mentally ill and
confined to mental hospitals.
人間が地球を移動し始めてから数10 万年の間、人は仲間を殺し、奴隷化してきた。また、食べることさえあった。個人が集団化し、それまでよりも高いレベルの力を持ち始め、他人を従わせたり、人間としての尊重を否定するようになった。組織化された社会が確立さ
れて以来、様々なタイプの専制者が法と秩序の下に自らの真理を築き、臣民の要求と意見を抑え込むのに利用した。個人の反乱者は鎖で繋がれ、檻に入れられ、穴蔵に閉じ込められて、精神的な病と宣告され、精神病院に閉じ込められた。

The old form of cannibalism, one man eating another, has lived on, in a more
sophisticated guise, in the relationship between the state and individuals and groups
within society whose lives the despots have stifled and devoured. Slavery has developed
a new face, and to an increasing extent bondage has transcended the physical to
psychical and mental and is becoming neuro-biological, through hi-tech expansion right
into the human brain with microchips, along with state intentions and extensive
projects into brain-computer technology.
古い形の共食い、すなわち人が人を食う行為は、専制君主がその息の根を止め貪り食らう国家と社会と集団の関係の中で、外観を高度なものに変えて生き延びている。奴隷は新たな様相を発達させた。これまで以上に束縛は肉体以外に精神と心にまで及び、人間の脳に
直にマイクロチップを埋め込むハイテク技術の進化を通じて、また国家の意図や脳内コンピュータ技術にまで至る大規模なプロジェクトと同調して、神経生物学的な分野の問題になりつつある。

Despite the unbelievably bloody history that has been written for mankind by emperors
and other despots, those with insight into what is actually going on behind the bastions
of power argue that we have already passed over the threshold to an even more
inhuman era. The very well-known Japanese professor Yoneji Masuda, coined the term
“the information society” in his book of the same title (1980) in which he addresses the
dangers of modern communication technology and advanced computer applications by
which it is possible to link up the human brain to computers over international
distances. He warns us that if people fail to learn about these neurological
communication systems, and gain influence over their application, a new kind of
dictatorship threatens, and he adds, the quashing of human rights in a traditional
dictatorship will pale in comparison to the injustice that will be suffered. He argues that
the technology provides the state with the power to limit and control the citizens’
private lives and social activity. “It would be possible to violate freely personal integrity
and to suppress man’s independent, social and political activity, making Orwell’s
terrifying robotised state a reality.” All this concerns the ability to connect human
cerebral functions to computers with the aid of microchips and radio-implants. Several
official inquiries by Government select committees and other documents have noticed
the same developments. The Swedish state report, SOU 1972-47 discussed the
possibilities of the new technique, that it can both collect facts about a person and
control his actions. It added the caution that with the extension of information
techniques one could detect the shadow of a formidable police-state with a totally
efficient and inhuman administration.

信じ難いような人類の血なまぐさい歴史が皇帝や専制君主により著わされてきたが、権力の拠り所の裏側で実際に起こっていることを見抜いている識者は、その何倍も非人間的な時代をとっくの昔に飛び越えていると主張している。日本の著名な増田米治教授は、同名
の著書(1980 年刊)で「情報社会」という言葉を初めて使った。同書内で教授は、現代の通信技術の危険性、また国境を越えて人間の脳をコンピュータにつなぐことが可能になるコンピューターの先端的な利用の危険性について述べている。人々がこのような神経学的な通信システムを学習せずに、その用途への影響力を掌握すれば、新しい種類の専制君主が出現する恐れがあると、同教授は警告している。さらに従来の専制国家での人権の抑え込みも、今後被ると見られている不当な扱いに比べると、さほど重要性を帯びなくなるだ
ろうとも述べている。技術は国民の個人的な生活と社会活動を制限し、管理する能力を国家にもたらすというのが、同教授の主張である。「個人の品位を自由に侵害し、人間の独立した社会的、政治的な活動を抑制することが可能になり、オーウェルが著した恐ろしいロ
ボット化された国家が現実のものになる。」これはすべて、マイクロチップと無線インプラントにより、人間の脳機能をコンピュータにつなぐ能力の問題に行き着くのである。政府特別委員会からの複数の公式調査やその他の文書でも、同様の発展について触れられてい
る。スウェーデン政府の報告書(SOU 1972-47)では、個人に関する事実を収集し、その行動を制御する新しい技術の可能性について述べている。同書内では、情報技術の発展により、完全に効率的かつ非人間的な管理下に置かれた恐るべき警察国家の前兆に気付くか
もしれないといった警鐘を加えることも忘れていない。

Right from the time when computers were first being made in the mid 1940s, research
was being done with electrode implants in the human brain. The use of the technique
was developed at a quite a rate and it soon became clear to those in the know that there
was not just a medical research interest behind it all, but also a political agenda. In
1956, the American Psychological Association arranged a symposium on the
consequences of the new technique. Two of the participants, Professor Carl R. Rogers
and Professor B. F. Skinner, had their speeches published in the scientific journal
Science in November of the same year.
コンピュータが1940 年代の半ばに発明された、まさにその時から、人間の脳に電極を埋め込む研究が行われていた。この技術の利用は相当の勢いで進展し、医学研究にもたらされる利益以外に政治的な意図も隠されていることが、事情通の人々の間で明らかになるのも
時間はかからなかった。1956 年、米国心理学会はこの新しい技術の重要性に関するシンポジウムを開催した。カールR. ロジャーズ教授とB. F. スキナー教授は、同会議内で行った講演の内容を同年11 月発行の『Science』誌に掲載した。

Professor Skinner said that, “Science is steadily increasing our power to influence,
change and mold – in a world, control – human behavior... Of all the dictatorships
espoused by utopists, this is the most profound, and incipient dictators might well find
in this utopia a guidebook of political practise.” His colleague, Carl R. Rogers,
maintained that the development of behavioural sciences was growing, and along with
it the capacity to predict and control behaviour. He also posed the question of just who
was going to be controlled, by whom ant for what purposes.

スキナー教授は次のように述べている。「人間の行動に影響を与え、行動を変え、型にはめる我々の能力、ある分野では行動をコントロールする能力が科学の力で徐々に高まっている。ユートピアンに支持されたあらゆる専制国家の中で最も深刻な国家である。初期の専
制君主であればこのようなユートピアの中に、政治的な慣例の手引きを見出すかもしれない。」同教授の同僚、カールR. ロジャーズ教授は、行動科学の進化は進んでおり、その進化と同時に行動を予知しコントロールする能力も進んでいると主張した。同氏はまた、誰が、誰によって、何の目的でコントロールされるかといった単純な疑問も呈している。


“I believe we agree that the behavioral science are making and will continue to make
increasingly rapid progress in the understanding of behavior, and that as a consequence
the capacity to predict and control behavior is developing with equal rapidity. I believe
we are in agreement that the tremendous potential power of a science which permits
the prediction and control of behavior may be misused, and that the possibility of such
misuse constitutes a serious threat...Who will be controlled? Who will exercise control?
What type of control will be exercised? Most important of all, toward what end or what
purpose, or in the pursuit of what value, will control be exercised?”
「行動科学は高度の理解を急速に高め、今後もその傾向が続くこと、またその結果、行動を予測しコントロールする能力も同様の速さで進化することが共通の認識であると信じている。行動の予測とコントロールを可能にする科学の計り知れない潜在能力が誤った使わ
れかたをされる可能性があること、そのような誤用の可能性は重大な脅威につながることにも異論はないとみている。誰がコントロールされるのか? 誰がコントロールするか? どのような種類のコントロールが行われるのか? 最も重要なのは、何の結末に向けて、あるいは
何の目的で、どのような価値を追求してコントロールが行われるのか、ということだ。」

The term “cyber” was minted at Princeton University in the summer of 1947 by a group
of scientists, and was to denote everything within control and communications
technology, esp. concerned with interfacing the human brain, biological systems and
computers. In 1948, Norbert Wiener published the first book which touched on the
unimagined possibilities of computers and how the new technology had the potential to
scrutinize the human psyche. The book was entitled Cybernetics, the term deriving
from the Greek word for steersman. Cyber came to stand for scientific control and the
book was published in the same year as Orwell’s 1984. Norbert Wiener was an
American mathematician, and had participated in the development of the first
computers. Some years later, he wrote a preface to the second edition of Cybernetics
prior to publication, warning of the developments: “The role of information and the
technique of measuring and transmitting information constitute a whole new discipline
for the engineer, for the physiologist, and for the sociologist. The automaton which the
first edition of this book barely forecast have come to their own, and the related social
dangers against which I have warned, not only in this book, but also in its small
companion, “The Human Use of Human Beings”, have risen well above the horizon.”
The technique was to go under the name in Bio-medical Telemetry, Brain-Computer
Interaction or mind control.

「サイバー」という言葉は、1947 年、プリンストン大学の科学者の間で造語され、コントロールとコミュニケーション技術、特に人間の脳、生体系、コンピューターの連結に関する技術のあらゆる物事を表す言葉となった。1948 年、ノーバート・ウィナーは想像もつか
ないコンピューターの可能性と、その新しい技術が持つ人間の精神を精査する潜在能力を初めて扱った書物を世に送り出した。同著書の題名は『サイバネティクス』。ギリシャ語の「操舵手」に由来する言葉である。サイバーは科学的コントロールを表す言葉として一般
化しており、同書はオーウェルの『1984』と同年に出版された。ノーバート・ウィナーはアメリカの数学者であり、最初のコンピューターの開発にも携わっていた。数年後、同氏は『サイバネティクス』の第二版の発行にあたって、その序文の中で技術の発展を次のよ
うに警告した。「情報の役割と、情報を測定し伝送する技術は、技術者、生理学者、そして社会学者に対する全く新しい規律を意味する。本書の初版ではほとんど予測できなかった自動装置はすでに相応の評価を受けており、それに伴う社会的な危険性は、本書のみなら
ず、同書の小冊子『人間機械論』の中でも警告しているが、すでに十分に認識されている。」この技術は、「バイオメディカルテレメトリ」、「ブレインコンピューター相互作用」、あるいは「マインドコントロール」の名前で知られている。

抜粋終了…

世の中で実際に起きてます、、、

PS〜組織的犯罪者に加担している893からも脅しを何年も受けていますが、、、

今日入院され子分もいる事が私分かりましたが、一日中報告電話や命令が続き。。

シャワーの日でないので身体をふいていると。。

その事まで報告している…

近くにいり事の脅しであろう。。

女性を含めてわざとらしく、カツカツ言わせながら咳払いを部屋の前で必ずする加害者もいます(苦笑)

気にしちゃいませんが、脅されています…

今から気晴らしを見ますがー

正当防衛で綴ってます…

同じ場所が続くと絶対被害が強くなる‼︎


まだ腸検査も残っていますが、昨夜から普通食になり、、、

初日の普通食は、花見の紙が入り少しご馳走でありました(^_−)−☆

今朝から又お腹が怪しくなり、汚くて申し訳ありませんが、詰まったようになり、黒い便。。
お腹がぐるくる詰まった感じで怪しい痛みが~

しかし。。元気です!と朝言ったので、我慢して、何度か下すと看護師さんに昼過ぎに言うと楽になり。。

相変わらず変な症状です(苦笑)

テクノロジー犯罪の頭などの攻撃が日に日に強くなり( ̄O ̄;)

同じ部屋でよくお話していた方が退院され、更に激化。。

病院側の加害者も分かりやすい行動で、いきなり無視も~

そしていきなり母がいきなり、前回手術しないで帰宅したポリープを明日入院してする…と言い出し母も私も又黒い便が出るし、私は不正出血もしていた…

頭がたまらないけど、保冷剤で冷やせないし。。

門番の気配が毎日していましたが、、、
その上らしき方が、入院しており、私とお話していた方がかたぎではない事を発見!(見た目で分かりましたが。。)

様子をちらっと見て向こうに行かれて、またまや疑問に思い~

道にも何人か怪しい人がいる事や真ん前の◯ーオンの駐車場にずーっと赤い車が真夜中も止まっている事を同じ部屋の方に聞いた途端に、別な車に変わった(笑)

うちのマンションからもこの駐車場はよく見えますが、被害者とわかる前から付きまといの赤いシビックやワーゲンマークの車や怪しいワゴン車は、部屋の真っ正面辺りで、、、

長く止まっていました。。

見張りながらテクノロジー犯罪をしているのでしょう>_<

車の駐車の場所は、変な場所で従業員駐車場でもない場所であります。

皮膚、顔までヒリヒリします。。

精神面で決してなっている訳ではありません(-。-;

今日は久々検査がなかったので、少し綴りました~

明日はハードなので、時間を間違えないようにしよ~うf^_^;)

まだ全体の腸検査も待っているし…

退院はいつになるのかなぁ~

目も入院したらますます妙になっていますが、映像送信なのか?分からないしで。。

でもでも、大変な方は沢山おられるので、負けないし落ち込みもしてませんが、攻撃が強いので綴りました‼︎

マインドコントロールや電磁波、毒などの見えない攻撃や操作での、沢山犠牲者がいるので~

マイクロチップでのマインドコントロールの貼り付けをしたいと思いましたが、長くなりますので、次にします!

今週も頑張りましょう(^.^)


病状の経過と感謝…

簡単に入院の経過報告です^_^

昨日の昼からおもゆでお汁ばかりの食事をいちかばちかためされ、今朝からお腹が痛まなかったので、24時間の点滴も少なくなるそうで。。

何回も点滴してきましたが、、血管が細いと言われた事ないし、点滴で苦労した事がありませんでした。

今のマンションから主人や893や近所や集まる組織的犯罪者達から、脅迫、脅し、嫌がらせ、テクノロジー犯罪をされ追い出してから今まで~

点滴を5年以上しない間…

今回入院すると、血管がない。。と言われる程血管が細くなり、、すぐもれて、右も左も注視の跡と内出血の跡でいっぱいになり~

看護婦さんひとりに怒られるけど、具合悪くて妙な動きは整形受診の時に先生が知らずに腕のストレッチを針を刺した方でされた時だけでした(; ̄O ̄)

針の部分が痛くて寝れなかったり。。

何が言いたいかと言えば、5年で血管が細くなった事であります。

毎日繰り返しの電磁波系の犯罪で、そんな事も出来るでしょう。。

病院でも頭への関与も酷いですが、同じ部屋の方もめまいがひどいと言ってありました。

下の路上から門番が咳払いもし、気にはしませんが、加害行為の仄めかしをしてもいます(−_−#)

只今音波も始まりだしましたしぃ、、

苦しい時にも容赦なく、痛い場所を攻撃してくるテクノロジー犯罪をする、カルト信者や民族組織などの加害者が目立つ組織的犯罪者=集団ストーカー=コインテルプロですが、被害者のお話を伺うと同じことをお聞きしますので、私だけではありません。。

しかし回復に向かっているので、早く退院を待つのみです。

血液検査で食事療法もしなきゃいけなくなり(/ _ ; )食べる楽しみが。。(笑)

食事指導も受けて気をつけなきゃいけません…

まあ流動食が終わり又検査してみるとは言われましたが~

しかし何日か食べてなくこの病院は味噌のだしが美味しいので、お汁だけしか飲めなくとも。。

食事が出来る有り難みを感じました…

始めタクシーで行った病院は喧嘩ごしで、誤診をされましたが~

どんな時も頑張ろう‼︎と思わせてくれている方に強く感謝しています。

そして色々病院でお世話になった方もです…

組織的犯罪者は確実いますが、、、

空がよく見える部屋にいますので、青空になると眺めてます^ ^

そんなこんなでもともと胃腸は今位の状態であるので。。

元気になっています(^∇^)

残り少ない休日を楽しまれ、来週は組織的犯罪者以外は沢山小さな幸せが起きますように…






病院でのいちぶの被害…

24時間点滴のままでありますが。。
今朝からやっと水、お茶以外のジュースが飲めるようになりましたので。。

ジュースを速攻買いに行きました^_^

何度も入院してますが、血管が細くなって、点滴をしてたら漏れて彼方此方刺され、今左に針を刺しているすきに、
綴りました^^;

痛みがだいぶひいて来ましたし、部屋の方と話しまくっております、、、(笑)

組織的犯罪に合われている‼︎と分かる方もいますが、ゆっくりした時に綴ります。。

入院中に残念なお知らせもあり、組織的犯罪者が文句ばかり言って、しないように邪魔までされ続けていますが、、まだ狭きチャンスは諦めません^^;

超痛い中でもそんな事を考えては、元気を出しています^o^

ところで、簡単な組織的犯罪=集団ストーカー=テクノロジー犯罪を少々綴ります‼︎

日ごとにテクノロジー犯罪が強化して来てます。
足への強い痺れもですが、頭が倒れそうにやられ、暖房も入っていないのに、乾燥が酷く、唇もリップを塗ってすぐ乾いて皮が沢山むけてる状態であり、真横に加害者の車が停めてある駐車場もありますし、入院ふつかめからずっと加害行為をして、東京などもしつこく付きまとう暇人門番もわざとらしい大きな咳を頻繁にして、仄めかしをしながら、仲間とテクノロジー犯罪もしている様子であります。

昨日私の枕元にベッドにうつされた方がいて、それからたまらないのであります(>_<)

昨日から部屋にはふたりになりもうひとりの方も咳が又激し区なってあるしで、、保冷剤もないし、動き回ると又点滴が漏れてしまうので~

ベッドになるべくいます。。

いまいきなり、家でよくやられる、、右の腸をキューッと痛くされています(; ̄O ̄)

殺傷兵器も非殺傷兵器も利用しながら、気に入らない人への弱体化、邪魔をしている組織的犯罪者です。

非殺傷兵器でもかなりダメージを与えられるし、死亡例もあります。。

http://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%9E%E8%87%B4%E6%AD%BB%E6%80%A7%E5%85%B5%E5%99%A8

ただし非致死性兵器の使用に際して死傷事故が起こるケースもあり、常に非死傷が保障されているわけではない。ゴム弾でも1980年代の南アフリカでアパルトヘイトに関連して起こった暴動では至近距離で発射された場合に死傷者を出したケースもあるほか、日本でも安保闘争において発射された催涙弾の直撃を受けた者が死傷している。1990年代より広く利用されるようになった後遺症が残らないとされているスタンガンでも死亡事故は時折発生しており、2007年にも空港で暴れた男性が警備員にテイザー銃(電極発射式のスタンガン)で撃たれた結果として死亡したケースが報じられている。無力化ガスと称してはいたが、モスクワ劇場占拠事件で使用され結果的に人質129名が窒息死したKOLOKOL-1のように、「使用してみないと分からない」と言ったものも存在する。

アメリカ合衆国の警察組織は、非致死性(non-lethal)ではなく、低致死性(less-lethal)という言葉を使うようになっている[1]。

貼り付け終了…

通販でも販売しています(; ̄O ̄)

これで終わりますが、組織的犯罪者以外の皆様は、楽しい週末になりますように…

PS~入院初日から携帯開くと、入院した病院の宣伝と主人の素行の宣伝がしつこく続いていたのは、単なる偶然ではないでしょう。。監視丸分かりであります。

途中経過とお詫び。。

まだ絶食中で点滴に繋がれております。。

痛みの中でも大切なコメントやあるものを見て元気をつけてます^_^

病院に行く前から殆ど食事が出来なかったので、、、

昨日からお腹がすいた感じであり(笑)

昼過ぎから痛みやガスが酷くなっていますので、、、

ドマさんには、毎度ですが、お返事がまで申し訳ありません。いつも温かいお言葉をあんずさんと共に有難う御座いますm(__)m

そして31日の日にコメントを頂いた方も1日に見る事は出来ましたが、、

お返事出来ずにいます。

福岡市早良区昭代3丁目の仕組まれたコーポに在住の時はそれ以上に屋根裏に沢山穴を開けられたり、換気扇からの毒物散布が酷く、、

いちじは写真などをアップすることが無理でしたが、途中で出来ましたので、よく載せています。

前は泡まで激しかったのですが、、、

私も汚いのが駄目なので、(前は母もです)完璧1日何度か掃除してても朝は白いしみなどが色々な場所に付着しており~

今もあります。。

妙なホコリもよくやられてました~

黒いのと茶色のものを色々な場所に
付着させられています。

磁性体も散布して思い切り電磁波系の攻撃などのパターンです。

HPをはれませんので、で来ましたら、リンクや真っ白でドロドロと…

御手数ですが、検索されて下さい。。

ちなみに白い粉は、小麦粉みたいなのもあり、普段そんな事をしない主人が慌ててふいたので、写真は無理でしたですけれど~

奴らはなんでもありですから。。

すみませんが痛みもありますので、ここから返事しました。

この辺で終わります。。

話は飛びますが、胃は相変わらずポリープが沢山ありー

腸は、今は奥まで検査は良くないので、入り口だけ今日終わりました。

汚いですが、浣腸だけでは全部出てこないので、途中で終わり、痛い痛い腸検査も途中まで終了でしたが~

『憩室が死ぬほどあるよ』

母はこの憩室が爆発した訳ですが、、

憩室は悪いものではないですが、親子で胃腸が荒れ、憩室も沢山…

これはテクノロジー犯罪でなったと被害妄想でなくそう思います。

途中の経過報告ですが、、、

憩室の炎症だと勝手に思ってます(笑)

沢山私みたいな症状や過去になった症状の方がおられるので、、

やっぱりね( ̄◇ ̄;)と思いました。

入院してある方は酷い方が沢山おられますので、痛いなんて言ってられません…

今注意を受けてしまったので^^;

本当に終わります!








プロフィール

いちご

Author:いちご
テクノロジーを利用した、残酷な組織的犯罪者達から受けている、被害日記を綴ります…

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ヘルス&ビューティ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード